ダイエットに効く「ご飯」のとり方

 

痩せる為の「お昼」のとり方

日中のカラダは交感神経モードで活発に動き、忙しさから早食いになりがちです。

ゆっくりとよく噛んで、色々な栄養素を補給しましょう。
それには、食材や皿数の多い定食がお勧めです!
ゆっくり噛んで食べることで、お腹が張りにくくなります。
朝お通じが無かった方は、ここでトイレタイムを確保するのも良いですよ。

昼食の食べ方、食べ物

  • ご飯、パン、麺類、イモ類等の炭水化物をしっかり食べましょう。
  • 根菜類の煮物やポトフなど、食物繊維の多いものを食べるのがベスト。
  • ランチなら栄養バランスの良い定食系がおすすめ。
  • 朝食が少なかった人は、朝に食べていない栄養素を意識して取るように心がけて。

 

炭水化物の食べ物が足りていないと、甘いものが食べたくなります。ダイエットを考えている方は、お昼のうちに主食をシッカリと食べると良いみたいですよ~♪

 

腸を元気にする「夕食」のとり方

夕食は、早い時間に、腹八分目がポイントになります。
食べ過ぎると胃腸疲れを翌朝まで引きずって、朝食が食べられなくなって、悪循環になります。

これを回避するために、夕食を見直しましょう!

夕食の食べ方、食べ物

  • 夕食は魚や赤みの低脂肪のお肉など、タンパク質を補給するのがお勧めです。
  • 寝るまでの間に使うエネルギーの分を補給するのがベストです。
  • 分食にトライしてみる!18~19時前に、炭水化物を少し食べておく。

 

仕事で遅くなって、22時過ぎから夕食を食べる方、たくさんいますよね~。
そんな人は、寝るまでの2~3時間に使うエネルギーだけ補給しましょう。

自宅でじっとしているのなら、追加の栄養はほぼ必要ありません。
ホットミルクや煮込みスープなどをサラっと食べるだけで充分です。
翌朝、お腹が「ぐ~ぐ~」となるくらいがちょうど良いんですヨ!

 

それでも食べ過ぎてしまうという方には、ダイエットサプリがお勧めです。

最近は色々なダイエットサプリがありますので、ご自分の体調や体質に合わせてチョイスすることをお勧めします。
それにサプリだけでなく、ダイエットスパッツや部分ヤセできるクリームなどもありますので、目的に合わせて選んでみるのも一つです!

 

ダイエットサプリやスパッツ等を探すならこちら

 

 

 

 

 

コメントを残す