健康な美とは?

昔は、筋肉も脂肪もないまさに棒のような細身な女性がもてはやされていました。その前には、大きなバストとヒップ…アリのようにくびれたウエストというハリウッドのグラマーな女優的女性が人気でした。

ギリシャの彫刻の写真で見る限りヴィーナスのウエストは決して細いとはいえず、からだ全体に脂肪もタップリついて豊満な感じがします。肥満度からいえば…普通のギリギリかむしろやや肥満気味…(笑)

こんな感じで女性の体形って時代によってずいぶん変わってくるもんなんです。

では今は?

そうなんです、今は「健康美」。

生き生きとし、ハツラツとし、みずみずしく、しなやかで、清楚…
まさしく健康美の時代突入しています。

健康美は文字通り健康な体の中から湧き出るように発散されるもので、魅力的な力強さを持っています。

女性とはか弱いいもの…保護されるべきもの…かぼそいと言ったかってのイメージは今全全ての面で大幅に修正されつつあるようです。
この健康的な美しさを特徴づけているのは次のようなことだと思います
・体の各器官が健康に働いている
・贅肉はついていない
・筋肉に弾力がある
・動作が生気に溢れている

今、ジョギングやテニス、ボディビル、マラソン等のスポーツを多くの女性が積極的に行うようになったことは、単にファッションとしてのスポーツではなく、健康的な肉体美つくりへのチャレンジだといえます。

 

人の体はもともとスリム!

人間の体はもともとはスリムだったんです。

生きていくために、食べ物を手に入れる為に動き回り自分の活動量と食べる量とのつりあいが取れていた時代には、肥満という現象は無かったはずです。そのかわり、食べ物が手に入らなかった為に飢餓になるということはあったようです。
私たちの体についている脂肪は、飢餓に備えて余分なエネルギーを身体に蓄えておくという自然の摂理に基づいているものです。しかしながら、現代は自動化機械化が進んでいます。そして、飽食の時代と言われるほどに食べ物に取り囲まれています。身体を動かす時間は極端に減って、気の向くままに食べるという現代生活は人間本来の姿を崩してしまいました。

太ってるということは人間の健康面から言えば不自然な状態なんです。

・体重が重いので心臓への負担が大きい
・心臓血管系への負担は、動脈硬化、糖尿病、高血圧、肝臓の疾患を引き起こしやすい
・体重が重いと関節に負担をかけ、関節炎や関節痛を起こしやすい
・動作がにぶくなりがちで、ますます運動不足に
・夏場など汗が多く不快感が高い

等が挙げられます。

 

 

 

 

 

 

コメントは受け付けていません。