筋トレダイエットの効果は? 効率の良い筋トレダイエットの方法

筋トレはダイエットに有効?

筋トレは、はたしてダイエットに有効なのでしょうか?

なんとなく体にきいている実感は持ちやすい筋トレですが、
ただがむしゃらに筋トレをしてて大丈夫なのか、不安になってしまいますよね。

今回は、痩せることにフォーカスした効率のいい筋トレ方法について書きます。


・痩せるための効率のいい筋トレ

筋トレに詳しいスポーツ選手や筋トレオタクや身体マニアの方はこれらのトレーニングの基礎知識は熟知しているかと思いますが、
今回はとくにトレーニングの知識がない一般の方向けの記事となります。

どうせ痩せるなら、ムダな労力をなるべくかけずに、効率良くトレーニングをして減量していきたいですね!

 

・大筋群から鍛える

 

まずはじめに伝えたいのが、大筋群から鍛えた方が良いということです。
詳しく解説していきます。

▼主要な2つの大筋群

大筋群とはつまり大きい筋肉のことです。
人間のカラダには、とくに大きな筋肉が2つあります。
それが、

大胸筋(だいきょうきん)と、
大腿四頭筋(だいたいしとうきん)です。

効率よく痩せるためにはまずこの2つを鍛えることが重要です。

▼大筋群を鍛えることによる効果

 

これは大きく3つに分けられます。

①大幅なエネルギー消費

まず、大きな筋肉なのでそれに伴ってエネルギー消費も激しいです。
小さい筋肉を一回使うよりも、このような大きな筋肉を一回使うほうがたくさんのエネルギーを消費するんです。

よって効率よくカロリーを消費していくことができます。

②カンタンに基礎代謝UP

人間には基礎代謝というものがあります。
基礎代謝(きそたいしゃ)とは、何もせずじっとしていても、生命活動を維持するために生体で自動的に(生理的に)行われている活動で必要なエネルギーのことです。
相当するエネルギー量(熱量)は、成長期が終了して代謝が安定した一般成人で、一日に女性で約1,200、男性で約1,500キロカロリー(kcal)とされています。

つまり基礎代謝とは、そのヒトがなにもしなくても(一日中寝てても)勝手に消費してくれるカロリーのことで、
生命維持のためにそのヒトが一日に絶対に使うエネルギー量のことです。

この基礎代謝が高ければ高いほど、勝手にカラダが多くのエネルギーを消費してくれるので、太りにくいカラダになります。

つまり基礎代謝を上げる為には筋肉量を増やす必要があり、
どうせなら効率よく筋肉量を増やしたいので、デカイ筋肉を鍛えると早いということで、
大筋群を鍛えると全体の筋肉量がグッと増えるので、効率よく痩せやすい体を作ることが出来ます。

 

 


いかがでしたでしょうか?
筋トレはダイエットに効くことは明確ですが、
どうせなら効率的にやっていきたいですよね!
大きい筋肉を鍛えて、効率的に痩せやすい体を作りましょう!

 

 

コメントは受け付けていません。