糖質制限ダイエットは危険? 効果は?

今最も注目を浴びているダイエット方法、「糖質制限」
名前は知っていても詳しく知らない方も多いのではないでしょうか。
既に知っている方も、新たに得る知識がきっとあると思いますので、
この機会にぜひ見てみてくださいね。

健康な体を手に入れた人が多いのも事実だが、やはり賛否両論

人間のカラダにとって必要不可欠な三大栄養素の一つである「糖質」。
摂取する必要性がある一方で、現代人の食生活は糖質の摂り過ぎによる疾患が深刻化しています。

そのような中で、注目を集めているのが「糖質制限」。
糖質制限に関しては賛否両論であり、様々な意見も飛び交っていますが、
糖質制限によって健康な体を手に入れた方が数多くいらっしゃることもまた、事実です。

 

糖質制限ダイエットとは?

ローカーボダイエットや低糖質ダイエットなど、さまざまな呼称がありますが、
糖質制限は、もともと糖尿病の食事療法の一つです。

減量・体質改善を目的としたダイエットであり、
メタボリックシンドロームや糖尿病の方に限らず、
健常者でも糖質制限は取り入れることができます。

 

そもそも糖質ってなに?炭水化物ダイエットとは違うの?

炭水化物とは、糖質と食物繊維の合計。
つまり、炭水化物から食物繊維を除いたものが糖質です。
さらに、糖質は糖類と糖類以外に分類され、糖類はさらに単糖類と二糖類に分類されます。

糖質制限ダイエットにおいては、制限するのはあくまでも糖質のみで、
食物繊維は積極的に摂っていかなければならない重要な栄養素となります。

糖質制限ダイエットのメカニズム

糖質をとると、血液中のブドウ糖濃度(血糖値)が高まります。
この血糖値の上昇に伴い、膵臓からインスリンが分泌され、
筋肉や肝臓にブドウ糖がグリコーゲンとして蓄えられます。
また、ブドウ糖は体内で糖エネルギーに変換され、主に運動によって消費されます。
しかし、これらにも限界があるため、使いきれなかった分のブドウ糖は全て中性脂肪へと変わって貯蓄されます。

したがって、糖質を制限することで、インスリンの分泌が抑えられ、
中性脂肪として体内に貯蓄されにくくなるだけでなく、
身体は糖エネルギーの変わりに中性脂肪を燃やすことでエネルギー作り出します。

つまり、糖質を制限すると「中性脂肪がつきにくい」&「中性脂肪を分解しやすい」のダブルで、
ダイエット効果があります。

糖質制限法の3つのパターン

糖質制限には3つのパターンがあります。
目指す体重に合わせて使い分けてくださいね。

・スーパー糖質制限

→1食あたり糖質10〜20g以下、1日あたり糖質30〜60g以下が目安です。
朝・昼・晩全ての食事でご飯やパンなどの主食を食べずに糖質制限。
糖質を摂らなければ血糖値は上がらず、インスリンの追加分泌も起こりませんので、
ダイエット効果が極めて高い方法です。

・スタンダード糖質制限

1食あたり糖質50〜60g以下、1日あたり糖質70〜100g以下が目安です。
朝・昼・晩全ての食事でご飯やパンなどの主食を食べずに糖質制限。
糖質を摂らなければ血糖値は上がらず、インスリンの追加分泌も起こりませんので、

 

ダイエット効果が極めて高い方法

ダイエット効果が極めて高い方法

・プチ糖質制限
1食あたり糖質50〜60g以下、1日あたり110〜140g以下が目安です。
プチ糖質制限食はハードルが低い分、続けやすいです。
スタンダード糖質制限食と同じく、糖質を摂る時は精製度の低いもの(玄米や全粒粉パンなど)を選ぶようにするとより効果的です。
スーパー糖質制限に関しては、長期的なダイエット法としてはオススメできません。
専門家指導のもとで、2か月程度を限度として行いましょう。
プチ糖質制限に関しては、健康であり続けるために有効な食事法といえます。
スーパー糖質制限によって減量したあとは、スタンダード糖質制限を経て、
最終的にはプチ糖質制限を続けていくことが理想的です。

まとめ

糖質制限ダイエットのまとめ

いかがでしたか?
メディアでも多く取り上げられすっかり定着した糖質制限ですが、
正しく行なわなければ、意外な落とし穴にはまってしまったり、
短期的な減量に成功したとしても元の体重以上にリバウンドするなどの結果を招いてしまいます。
主食以外は比較的自由に食べられますので、カロリー制限と違って極端に食事量を減らす必要はなく、
もちろん、面倒なカロリー計算も不要で、量もしっかり食べられるので、空腹に耐える必要もない、
比較的続けやすいダイエットです。
正しく行えば、ストレスフリーで続けることができるのです。

 

どうしても糖質を我慢したくない方はこちら

 

コメントは受け付けていません。