痩せる薬ってあるの? 痩せる薬を紹介します

痩せる薬は存在する?

 

飲むだけで体重がスルスルと落ちていく・・・なんて夢のような薬は本当にあるのでしょうか?
運動も食事制限もしなくていいなら、試してみたい!と思うかもしれませんが、
副作用もあるので、危険性は把握しておくべきです。


 

・薬の種類

 

 

「痩せる薬」にもいろいろな種類があります。
中でも一番安心して飲めるのは医師の診断を要する「病院で処方される薬」。
厚生労働省が認可の薬だと、基本的には肥満度の高い「高度肥満症患者」や、
糖尿病患者の人向けで、処方するにも決められた基準値を超えている人にしか処方できません。

病院で処方されるので、食事や運動についてもアドバイスを受けながら飲めるメリットがあります。
何より、厚生労働省の認可が下りている薬なので、安心して使用できるのが良いですね。
特にサノレックスやスーグラ錠はよく使用されている肥満治療のための薬。
肥満度が高く、なかなか自分ではダイエットできないという人にはぜひ診察を受けて、医師に相談してみるのがおすすめです。

・個人輸入で手に入る海外製の痩せる薬

海外で効果があると人気の「痩せる薬」の多くは日本では一般販売できません。
ネットでよく検索される「オルリスタット」や「アライ」などの痩せる薬は海外からの個人輸入での購入しか方法がありません。

ネットで検索すると個人輸入の代行ページがでてきて、簡単に購入できますが、
海外の薬は日本では承認されていないものもあるため、特に注意が必要。

・ダイエットサプリメントと薬の違い

「痩せる薬」とは別で、ドラッグストアなどで手軽に購入できるのが「ダイエットサプリメント」。
カロリーの吸収を抑えるものや、食欲を減退させるタイプなど、いろいろな種類のサプリメントが販売されてますよね。

「薬」と「サプリメント」は違います。「薬」は病気の予防や治療・回復を目的としたものであり、
厚生労働省の認可を受け、薬事法に基づいて定められたものですが、サプリメントは健康食品に該当するんです。
栄養補給を補助する役割があるとされ、医師の処方箋がなくても購入できるのがサプリメントです。
病院に行かなくても購入でき、個人的に海外から輸入する手間もないため、手軽にダイエットを考えている人はサプリメントを試してみるといいかもしれませんね。
おすすめのダイエットサプリはこちらのページで。


・具体的な薬の種類

食欲を抑えて体重を減らすタイプの薬や、脂肪や糖分の吸収を阻害するタイプなど、いろいろな種類の痩せる薬があります。
それぞれで入手方法も違い、副作用も軽度のものから重症化するものまであるので、服用するときにはきちんと調べるのが大事です。

痩せる薬:①サノレックス

▼どんな薬?

サノレックスは痩せる薬として有名な薬の1つです。
厚生労働省からの認可もあるので安心感はありますが、
処方されるためには決められた基準を超える必要あり。

飲み方は1日1回1錠を昼食前に飲むだけなので、とても簡単です。
効果をあまり感じられず増量する場合は1日3錠まで増やせますが、
3ヶ月ほどで耐性がつき、効果を感じられなくなるため、服用期間は3ヶ月と決まっています。

痩せる薬:②スーグラ錠

▼どんな薬?

スーグラ錠は病院で処方される糖尿病患者のための薬です。
余分な糖分を尿と一緒に体外に排出する働きを持ち、血糖値を下げる効果があるため、
糖尿病によく使われる薬といえます。余分な糖分を外に排出する他にも、中性脂肪を分解したり、
体重・内臓脂肪の減少効果も認められています。

痩せる薬:③ゼニカル

ゼニカルは脂肪の吸収を抑える肥満治療の薬です。
食欲抑制の薬が多い中「脂肪を便と一緒にそのまま体外へ排出する」
効果のある薬のため、特に脂肪分の多い食事を好む人にとって効果的な痩せ薬といえるでしょう。
日本では未承認ですが、アメリカの食品医薬品局FDAの認可を受けていて、
多くの人が使用中。飲み方もとても簡単で、1日3回、合計3カプセルまで。
妊娠中や授乳中の女性、また胆嚢や腸に異常がある人は飲んではいけません。
他のダイエット薬を飲んでいる人も併用は控えましょう。

痩せる薬:④オルリスタット(ゼニカル・アライ)

ゼニカルやアライなどの薬は「オルリスタット」と総称して呼ばれます。
アライもゼニカルと同じ働きを持つ痩せる薬で「脂肪を便と一緒に体外へ排出する」効果を持ちます。
脂肪消化酵素である「リパーゼ」の働きを邪魔し、あえて脂肪を消化させず、
そのまま排出することで余分な油を体内に溜めこまないようにしているんです!

痩せる薬:⑤リダクティル

リダクティルは肥満の治療に用いられている痩せ薬。
抗うつ剤の成分が含まれていて、食欲を抑えることで食べたいという意識を失くし、
痩せるために使われます。基礎代謝を上げ、脂肪燃焼効果があるため、痩せる薬の中では比較的有名。
しかし現在は副作用の懸念から、2010年に販売停止、回収となり、購入することはできなくなってしまいました。。
リダクティルのように抗うつ剤の成分で「食べたい」という欲求を抑える薬もあるため、使用する際には十分な下調べを行いましょう。
成分が怪しいものは使用しないようにしましょう。

 


最後に

いかがでしたでしょうか?
薬に頼らず痩せたいものですが、
どうしても困ったときは検討してみるのも良いかもしれませんね。

 

安心安全に痩せたい人はこちら

 

 

コメントは受け付けていません。